SSブログ

ハリルホジッチ氏って?代表監督候補の実績、評価について。 [スポーツ]

一部報道で、サッカー日本代表監督にハリルホジッチ氏が基本合意したというニュースがあります。


真相はどこまでかわかりません。


しかし、有力候補であることは間違いありません。


そこで、同氏の監督としての実績、評価を調べてみました。



スポンサードリンク






◎監督としての実績


ハリルホジッチ氏は1990年に38歳という若さで地元ボスニアのチーム、ヴェルジェ・モスタルという

チームで監督としてのキャリアをスタートさせます。

以降2年づついろいろなチームを転々とします。

2008年に初めての代表監督としてコートジボアール代表を指揮。

しかし、2010年のアフリカネーションズカップ準々決勝敗退の責任を取り辞任。

その後、クロアチアリーグのディナモ・ザグレブを経て2011年、アルジェリア代表の監督に就任。

2014年開催のブラジルワールドカップへと導き、ベスト16進出。

決勝トーナメントではドイツ代表と延長戦の末、敗退してしまいましたが、優勝したドイツ代表をもっとも苦

しめたチームだったかもしれない、ということを踏まえるともしかしたら優勝してたかも・・・。



まあ、スポーツに「たら・れば」は禁句ですが。


そこまで大きなものではないですが、指揮した各チームでは優秀監督賞などを受賞していますので、確かな実

績がある方なのだと思われます。



◎監督としての評価


元日本代表監督で、同胞のイビチャ・オシム氏は代表監督に太鼓判を押すとも報道がありました。

まあ同胞なので、リップサービスなのかもしれませんね。

海外メディアからもやはりブラジルワールドカップでのドイツ戦で善戦したことを評価する声が高いようです。



最後に。

問題なのは日本代表チームに合った監督なのかということです。

「軍隊のように統率のとれたチームを目指す監督」
「相手チームに柔軟なフォーメーションを敷く」
「超攻撃的チームを目指す」

などいろいろといわれていますが相手チームに合わせた柔軟なフォーメーションのレベルを高いものにでき

るのであれば、日本代表は勝てるチームになるんじゃないかと思います。


でも超攻撃的チーム、軍隊のようなチームになってしまった場合、日本代表にはマッチしない可能性が高いと

考えます。


もし日本代表監督に正式決定された際には、ぜひともアルジェリア代表を率いた時のように、そのチームの

カラーにあった指導をしていただいて、強い、勝てる日本代表にしていただきたいですね。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。